2003年01月18日

第9旅当日

湘南台5.16→(小田急江ノ島線各停)→5.45町田5.55→(横浜線)→6.21八王子6.32→(八高線)→7.26高麗川7.28→(八高線)→8.53高崎9.14→(信越線)→9.46横川

いくら残り1日ぶんが残ってるからとは言え、別に始発に乗らなくたっていいと自分でも思う。
欲張ってこのルートでここをまわるのであれば、この時刻になってしまうのである。
八王子を八高線で出発する頃、ようやく空が青くなってきた。
高麗川からの景色は青梅線の次に好きだな。
だが朝が早いのがたたったのか、少し寝てしまった。

高崎に午前9時前にいるなど、なんてバカらしいことか。
それはともかく、すっかりさびしくなってしまった(のだろう)信越線のホーム。
2両編成、オールロングシートの車両は、そこそこの客が乗っていた。
今ではこんなに便数が少ないからこんな車両を使われているのに、線路は複線電化されているのが、かえって悲しいかも。と言っても、横軽廃止前の様子なんて知らないんだけど。
   
30分で終点。終点近くになってどんどん標高が高くなっていくのがよくわかった。
真新しい車止めが、これ以上先に列車は進めないことを物語っている。
向こうに見えるのは、廃止後にできたという「碓井鉄道文化村」だそうで、ここで活躍していたという機関車などが展示されている。
今度ゆっくり来たい。線路廃止あとがハイキングコースにもなってるらしいし。
駅構内では、名物の「峠の釜飯」の立ち売りがあった。応援の意味もこめて購入。

駅のそばの小川を渡るとバスの停留所になっていて、ここから先はバスになっている。
地面は線路がそのまま残っているところにアスファルトをひいたようで、そのもようが生々しい。

先ほどの乗客ほとんどみんながこのバスに乗り込んできたらしく、車内は満員状態。写真を撮ったりして余裕ぶっこいていたら席が怪しい。最後に乗り込んだのだが、バスの中ほどに席が無いのをいいことに、二人がけの先頭座席を一人で陣取っていたおっさんの隣に強引に座り込む。ラッキー。
出発前に車内で販売しているという絵葉書が100円であるというので購入。


横川1000→(JRバス)→1034軽井沢1058→(しなの鉄道)→1123小諸

バスは急勾配の道を登っていく。
同じ道ではないにせよ、ここを鉄道が通っていたのかと思うと、確かに大変だっただろうなあと思う。
ご丁寧に碓氷峠についての車内アナウンスが流れているが音量が小さくてききとれない。まあかぶりつきができているからいいか。
道路は急な坂道にも関わらず、重要な幹線道路であるらしく、大型トラックが数多く通っている。途中はもちろんのこと雪景色。

車内は見るからに鉄チャンというヤツもいるが、ごく普通の一般人らしきひとも多い。純粋な生活路線でもあるらしい。

途中ひとつの停留所も止まることなく(というか鉄道代替なのだから存在せず)、定刻通りに軽井沢着。
運賃は420円なり。廃止前の2倍になったというが、この道を通るのであったら、
これのさらに2倍くらいとってもいいような気がした。
バスの中で、「このバスは青春18きっぷ使えますか?」と尋ねていたバカがいた。切符の一番目立つところにバスはダメだって書いてあるだろ、使う前に読めよバカ。

冬の時期だからか、かねてから聞いていた「かるいざわ」のイメージとはちょっと違った片田舎である。夏に来ると避暑地・別荘地としてそれらしい町並みになるんだろうか。軽井沢駅の陸橋からスキーをしているひとたちが見えた。

軽井沢からはしなの鉄道である。ここはもと信越線で、新幹線が開通したあとは3セクになってしまったところ。
その昔はここも18きっぷで乗れたはずなのに、今ではもちろん普通に切符を買わなくてはならない。

車両がJR東日本のお下がりというのはわかる気もするが、切符の書式までこうも同じとは。同じ3セクの松浦鉄道もここまでじゃない。

座席が異様にボロかったのだが、高崎から横川までの信越線と変わらず電化複線と立派な線路だった。
そして小諸に降り立った。うーむ、地方都市もいいところ。
ここまで来てみて、軽井沢のほうがサッパリした感じであることがわかった気がする。
時間があるので街に出てみることにする。その昔は城下町だったらしく、関所や城のあとが復元されていた。


小諸1209→(小海線)→1423小淵沢

何故かいくぶん混んだ小海線。八高線と同じ形式の車両で、クロスシート部分が全部埋まっていたので仕方なくロングシートへ。立ち客もいる中、3人ぶんくらいのスペースを占領しておぎのやの試食とする。別添えの漬物の入ったケースまでもが釜の形をしているのがいいね。「釜飯」という名のとおり、本当に陶器の釜に入っているのもいい。これ、本当に1合の米を炊くことができるそうだ。これは捨てられないね。いい土産になった。中身も、数多くあるマズイ駅弁と違って、非常においしい。また来たらこれを食べようと思う。

新幹線の佐久平を越えて小海までは結構な市街地で、それで乗客も多かったわけだ。
小海を過ぎるとガッポリ乗客は減り、次第に山がちな景色になってきた。

座席もまばらになってきたので、クロス部分に座席移動。
サラリーマンらしき格好をした男がかぶりつき位置に立って外を見ている。あたりは高原という感じで、ひらけた平地の真ん中を線路がまっすぐに走っている。
とてもいい景色だったので、他人の目も気にせずに車両のいちばん前に立った。
この形式の車両は前がよく見えるからいい。
JR東日本の非電化単線区間に多くあって都合がいい。

時折り保線作業をしているひとたちがいて、とても寒そうだが、こうして見るとまことに失礼ながら絵になる。

そうして高原を走り、電車はついにJR路線最高峰の駅「野辺山」駅に到着した。嬉しいことにここでは離合待ちでしばらく停車ということだったので、迷わず途中下車。見上げるような碑があるが、まだ「国鉄」最高地点とあるのが…。

中学数学の教科書のいちばん始めは「正の数・負の数」で、そのときに出された例題として、日本のJRで一番高いところを走っているところと低いところを走っているところとしてここが紹介されていた。それがあってか、「のべやま」という駅名は別に鉄チャンでなくても知っているひとは結構いるものだ。そこについに来た。

ちなみに最低地点は関西本線の弥富駅で、こちらはすでに通過経験はある。
あちらはいたって普通の住宅地の中にある駅なのであまり面白くなく、未だに途中下車はしたことがない。実はよく通るくせに、一度くらいは途中下車して辺りを歩いてみたい。

駅前はいたって普通の田舎町。住宅が何軒かあり、駅前が簡単なタクシープールになっている感じだ。
駅の窓口で「空に一番近い駅の入場券」が売られていたので購入。
これもいい土産になった。

時間になり、電車に戻って一番近いドアから乗ると、そこは最後尾。最後尾のかぶりつきには、もう典型的そのままと言えるデブでメガネなヲタが陣取っていた。
こいつをおちょくるのも面白いかもしれない。とりあえず近づいてみる。手元には何かしらノート、そしてそばに立てかけてあるのはアイドル写真…?
今までで最悪のヲタである。もう怖くてそのアイドルが誰なのか確認もできない。
かろうじて見たノートの中身で見えたのは、汚い手書きの地図に、名古屋駅の記念スタンプ。ここに景色の見どころでもメモしてあるのだろう。手にはインスタントカメラ。
これみよがしとばかりに、僕はデジカメをうやうやしく構えて、雪かぶるアルプスと雪路に映える線路の写真を撮って見せた。
ヲタが右端に立っていてくれたおかげで、僕は最後尾の中央で、線路を真ん中にとらえた写真を何枚か撮ることができた。


小淵沢1430→(中央本線)→1518甲府1537→(身延線)→1650身延1654→(身延線)→1816富士1820→(東海道線)→1859熱海1910→(東海道線)→2006茅ケ崎2016→(相模線)→2048厚木2057→(小田急小田原線各停)→2059本厚木2104→(小田急小田原線各停)→2107愛甲石田

小淵沢では、小海線が別ホームになっていて、どうしても陸橋を渡らなければならないようになっている。
陸橋の階段をくだると、そこが検札所みたいになっていて、ここで一度切符を見られる。
小淵沢で下車する人はこのまままた出口へ向かうのだろうが、僕はそこまで時間がなかったので、すぐそばに止まっていた中央線の車両に乗った。小淵沢発なので非常に空いている。
甲府までもほとんど客が乗ってこないまま、ボックス席を一人で占領して甲府で降りた。時間があるので改札を出て、市内をブラブラ。ローソンでNTT料金を払う。

甲府からの身延線は非常に混んでいた。普通に買い物帰りのひとたちでわさわさしている。混んでいるのをいいことにかぶりつき位置をゲット。
鰍沢口くらいでようやく座ってもいいくらいの空き具合になってきたが、それでもワンボックス悠々と座れるほどでもなかったのでずっとかぶりつきにいた。

身延から乗り換えた車両はロングシートなうえ日も暮れてしまったのでひたすら寝る。微妙に田舎の町並みばかり行くので、身延線は概してつまらないことがわかった。

東海道線も順調に進み、茅ケ崎で相模線に乗り換えた。愛甲石田の親戚宅へ行くためである。
厚木駅に降りたのは初めてだったのだが、いきなり小田急のホームと同居していて驚いた。
18きっぷだったのでこのまま乗るわけにもいかず、一度改札へ向かう。その間にちょうど連絡したように来ていた小田急の電車は出てしまった。

改札で一度切符を見せてから、パスネットを自動改札に通して入場。急行が止まらない厚木に各停はなかなか来なかった。
急行に通過されるってなんか悲しいな。普段はこういう駅にはなかなか来ないもんで。

で、着いた親戚宅で、横軽JRバスで買った絵葉書と野辺山駅の入場券を忘れて帰った。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。